· 

生きてみて良かった

 

 

自分の障害のこと、障害のあるひとり親への福祉制度のこと

 

論文にしてみたら?と言ってくださった方がいて

 

 

書いた論文が雑誌に掲載されました

 

 

見知らぬ読者がいました

 

ある人は、論文をもとに「障害のあるひとり親や子どもたちの苦境」をスピーチにして、

税金の使い方を糾すよう、霞ヶ関で訴えてくださいました

 

論文の内容が国連 SDGs と符合することを、読者の声で知りました

 

最も苦境にある人々は複層的な差別のターゲットになっていたりするので、

 

SDGs とは、

 

そうした人々の現状を解決することが「社会全体を良くすること」につながる

という考えに基づいた、国連が定めた目標のことだと聞きました

 

そんな時に、朝日SDGs大学アクションアワードのコンペが催されることを知った友人が、

 

私たちのような家族に対する、素晴らしいアイディアを考えてくださり、寝食をおいて

 

発表準備がなされ、応募作品は見事 最終選考会に進みました。

 

 

複雑な制度の差別に落としこまれた当事者は声を上げることもできず

 

過去 30 年以上も陽の目をみられなかった問題が、

 

若い勇者によって、きらびやかな壇上で発表されていきました

 

発表は、もっとも観客による支持を集めた発表に贈られるオーディエンス賞を受賞されました

 

 

 

苦しみの多いときは、苦痛から解放されることが甘美に思えたりしましたが、

 

生きてみて良かった

 

と心から思いました

 

ここでいう「障害のあるひとり親」への制度の問題とは・・・

 

事実1:児童扶養手当は、ひとり親手当だが、障害年金を受けるひとり親には併給されない

 

事実2:遺族年金は、ひとり親手当だが、障害年金を受けるひとり親には併給されない

 

事実3:生活保護の母子加算は、ひとり親手当だが、障害加算とは併給されない

 

 

当事者は、一人で養育を担い、障害を抱えているため、

 

時間もない

体力もない

 

そのうえ超マイノリティなので、つながりにくい状況にあります

 

すべて一人で闘い、

闘いつづけて悪化したり、

なかには一家離散も。

 

そんな状況が今後も、放っておかれ、すっと続きかねないのが現状です

 

でも、そんな経緯から、ようやく誕生した

 

「障害ひとり親に関する法改正を求める会」

 

 

このような好機は、発症から今までにありませんでした

 

そして、次があるかどうかも分かりません

 

孤立せずに、手を取りあって、一緒にのりこえて行けたらと思っています

 

どうか、この手に、つながってください

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    佳子 (日曜日, 04 8月 2019 00:05)

    シングルマザーで、手術の後遺症で障害を負いました。たまたま職を離れた良くないタイミングで発症し、障害基礎年金になってしまいましたが、受給させて頂けています。でも、扶養手当ては頂けない。働く意志はあっても、身体はついていかず、満足には働けないでしょうし、働き口も簡単には見つからないと思っています。保険も、約款に当てはまるまでの障害状況ではないので、支払われません。障害があって、やっと日常を暮らしているのに、中途半端な障害ゆえに保険は出ず、金銭的にどうにかしたくても、簡単には働けない。でも、先々子供に迷惑はかけたくない…身内からは、障害を機に使い捨てられたような状況で、マウントを取られているような状態。精神的に多大なストレスを抱えている状況。がんじがらめ…年金も不安定なのに…障害を負ったもの負け?みたい。偏見はなくならず、無神経に見つめられ、傷つく。賃貸も、収入で引っ掛かって借りられない。養育費は収入と見なされない様子。実家暮らしで、金銭的には助かるけど、無神経で私に関心もなく、助けたいという気持ちもなさそうな、愛情などないだろう?と感じる母親との暮らしは、もはや地獄。でも抜け出せない。保護犬を投げ出したくないのもあり、尚更、賃貸を借りるにも難しく、市営などにも申し込めない。がんじがらめ…その一言につきる。長くなり、すみません。ご自愛下さい。活動、頑張って下さい。